トリコモナスの症状・原因・治療法

トリコモナス01

トリコモナス(英語:Trichomonas)とは、トリコモナス原虫に感染することによって症状が引き起こされる性感染症(STD)。

古くから知られていることもありポピュラーだが、性行為だけでなく下着やタオル、浴槽や便器などからも感染することもあり注意が必要である。

膣トリコモナスの症状

膣トリコモナスは、感染から1〜3週間の潜伏期間を経て症状を引き起こします。

一般的に女性に対して強い症状が出て、男性にはあまり症状が出ない。そのため男性の場合は診断が難しく、無自覚のまま他人に感染させているケースが多い。

女性の症状

患部

膣、陰部、外陰部

症状

強い悪臭がする白色や黄色の泡を含んだ帯下(おりもの)が出てくる。

膣や陰部がかゆくなったり痛くなったりし、場合によっては外陰部が赤くただれます。

男性の症状

患部

尿道、精囊、前立腺

症状

症状がある場合は、尿道が炎症しておしっこのときに痛みが走る排尿痛や頻尿であるが、なんの症状も出ないことが多い。

しかし本人が無自覚であっても、膣トリコモナス原虫は前立腺や精子を貯める役割の精囊(せいのう)に棲息しており、気付かずに放置していると前立腺炎を引き起こす原因にもなる。

膣トリコモナスの原因

性行為やそれに類似する行為が感染の原因であることが多い。

しかし、下着やタオル・シーツ、浴槽・便器・検診台などから感染することもあり、性交経験のない女性や子供でも感染者が見られる。

このように性行為による感染の心当たりがなくても感染しているケースがあるため、注意が必要な性感染症であると言えます。

膣トリコモナスの特徴

古くからある性感染症のひとつで、女性の症状は強く男性の症状は弱い。

治療の段階で症状がなくなったとしても、どこかにトリコモナス原虫が残っていることもあり、再発も見られる。

また検査のときに、女性より男性の方がトリコモナスの検出がむづかしく、男性が陰性であると判定されることもあるので、そのことを心に留めておくことが必要です。

膣トリコモナスの治療法

女性の膣トリコモナスは尿路への感染があるため、腟に入れる薬(膣座薬)や口から摂取する薬(経口剤)で治療します。

男性では膣トリコモナスが前立腺などにいることがあるため、口から摂取する薬(経口剤)での治療になることが多い。

Copyright© 性病検査キットLABO , 2019 All Rights Reserved.