淋菌(淋病)の症状・原因・治療法

淋菌

淋病(英語:Neisseria gonorrhoeae)とは、淋菌という細菌が性器や咽頭(のど)の粘膜に感染することで、尿道炎や子宮頸管炎、咽頭炎などを引き起こす性感染症(STD)です。

淋病の元となる淋菌は、高温・低温や乾燥などに弱く、通常の環境では生息できません。よって、性行為で人から人へと感染することが主な感染経路となります。一度の性行為による淋菌感染率は約3割といわれており、非常に高い感染確率となっています。

このような背景から、淋病は性感染症において、性器クラミジア感染症と並び感染者が多く、代表的な性病といわれています。

もし、性行為の後になにかしらの違和感を感じたり、不安を感じた際、淋病か性器クラミジア感染症に感染している確率がほかの性病に比べて高いため、一定の留意をしておきましょう。

淋病の原因

淋病の感染経路のほとんどが、淋菌保有者との性行為やオーラルセックス、またはそれに似た行為によって、陰部やのどの粘膜が接触して感染します。コンドームを着用したとしても、感染を完全に防げるというものではありませんが、感染確率を低下させるには充分な対策になります。

その他、まれなケースでは、手ぬぐいやタオルからの感染報告もあります。妊婦が淋菌保有者であった場合は、新生児への母子感染も見られます。

淋病感染のよくあるケース

男性の淋病患者で比較的多いのが、ピンサロやヘルスなどの風俗店利用時のサービス受容時、フェラチオ行為による淋菌感染です。

なぜなら淋病は、女性にとって症状に気づきづらい特性があるからです。また、のどの淋病は症状が表れにくく、軽いこともあります。そのため感染者本人(ここでは風俗店勤務者)が気づいていなかったり、仕事で収入を得るために隠してサービスに準じている、という事態が起きているからです。一方、男性の淋菌感染者は感染に気付きやすい。

淋病の症状

一般的に、性行為やオーラルセックスなどによる淋菌の感染から2〜7日の潜伏期間を経て発症しますが、早ければ感染から数時間後に患部の違和感があります。それとは反対に、発症まで一ヶ月以上の時間を有するケースもみられ、個人差がある性感染症といえます。

淋病に感染すると、以下の症状を発症します。

男性の淋病の症状

患部

尿道、のど、口腔、肛門、目

症状

性器に淋病を患うと、無症状の感染例もあるが、多くの場合は尿道炎による排尿痛や勃起時の激痛があります。さらに、睾丸が腫れたり、尿道から膿が分泌するケースもあり、淋病は感染に気づきやすい特徴があります。

これらの症状を放置し続けると、尿道内の淋菌が精巣へ行き着き精巣上体炎を引き起こします。初期段階では片側のみで、放置し続けると両側に発症して治療後に無精子症を生じ、子供ができなくなってしまう場合もあるので、少しでも不安があるのであれば早期の検査が必要です。

淋病による精巣上体炎は、陰嚢(玉袋)が大きく腫れて、歩くことすら困難になったり、発熱を伴います。またクラミジア感染を合併していることもよくあり、淋病とともにクラミジアの検出を行う必要がある。

女性の淋菌の症状

患部

外陰部、子宮頸管、子宮、尿道、のど、口腔、肛門、目

症状

女性が淋病に感染すると、おりものが増えたり不正出血が見られます。しかし女性の場合は無症状の例が多く、潜伏期間を判別するのも難しいため、感染時期が分かりづらい。

このような理由から、淋病感染の自覚の有無に関わらず無治療なまま男性との性行為に及び、感染を拡げていく実情がある。

また、子宮頸管炎や膣トリコモナス症を引き起こすこともあるが、クラミジア感染によっても同様の症状が見られるため、淋病とクラミジアの検出が必要になります。

淋病の治療法

淋病の治療に対して投与される薬剤は、主に以下のものが挙げられる。

  • セフトリアキソン
  • セフォジジム
  • スペクチノマイシン

また、抗菌力の強いセフィキシムにも効果が認められているが、無効果であった例も多くある。

淋菌感染者の2〜3割の患者がクラミジアにも感染しており、クラミジア検査も必須であると言えます。

Copyright© 性病検査キットLABO , 2019 All Rights Reserved.